目の前の答えを見つめる。

★ . . . . . 自分の中にある強烈な劣等感と不甲斐なさ、情けなさ。 それは、気持ち、感情…そういう言葉では現せない、自分のすべてにからみついて覆い巣くうもの。 とても厄介。 これも原動力に成る得るから悪いものでは […]