.

.

.

.

今年はハナミズキの花がすごくきれいでしたね。
紫陽花の花も、いろんな品種がふえて道端に咲く花々に寄り道ばかり。

神は在る。きっと在る。
人間到るところ青山。
見るべし、無抵抗主義の成果を。
私は自分を幸福な男だと思った。
悲しみは金を出して買え、
という言葉が在る。
青空は牢屋の窓から見た時に
最も美しい、とか。
感謝である。
この薔薇の生きている限り、
私は心の王者だと、一瞬思った

  「善蔵を思う」 太宰治

なんとなく解るような…。
太宰治の言葉はとってもとっても暗いけど、
心の中にある、静かでひたむきで澄んだ声を濁してるだけな気がする。

文学はあったかいね。
とっても心地がいい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中