Jazz Time


.
.
.
.
.
.
先日、Jazzのライブに行って来ました。

武蔵野市にはJazzが好きな人が多いらしく、
その人たちが声をかけあって生まれた、年に一度のジャズセッション。

180人ほどの小さなホールに集まった人と一緒に過ごしたひととき。

音は空気の振動なので、僕の身体は痛みを感じます。
日常でも音はあふれているので、
なるべく気にしないようには努めていても、厳しい現実が日々を苦しめます。

それでも、生きてる音に触れたかった。

ライブに行こうと思い立ってから1ヶ月。
緊張して寝付けなくなった夜もあるし、いい意味でドキドキもしました。

会場に入って、ホールの真ん中ほどの席にすわると、
目の前の小さいステージには音響の機械がたくさん。

高ぶる神経と胸の高鳴りを感じて、
何度もやっぱり帰ろうかと頭をよぎりました。
怖かったな。

そのたびに、
ここに来ようと思った日のことを思い出してたんだ。

わくわくとドキドキ。

やっぱり頑張ろう。
そう思える希望が今はある。

その気持ちを信じて頑張ってきたよ。

この日は行って良かった。
それに尽きます。

いろんな楽器から飛び出す音圧に、
身体のすみずみの細胞がびっくりしていたけど、
その衝撃と同じくらい大きな感動もしました。

気持ちよさそうにサックスを吹くおじさん達。
その楽しんでる姿がココロに焼きついてるよ。

「生の淵」
その感覚は未だにぬぐえないでいるけど、
その淵に立っているから見える景色を、今は見れてる気もしてるんだ。

その怖さに、身体と心がすくんでしまう時だってもちろんあるし、
日々の大半はそうかもしれない。

だとしても、今はそれでいいや。

サックスかっこいいな。
そう沸き立った気持ちが、いつかの勇気になるはずさ!
行けて良かった!

楽しかったぞー!
痛かったぞー!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中