表情


.

.

.

ひんやりとした春の風に、
日々、新しい香りがまじる。

あ、どこかにクチナシが咲いた。
あれ?このにおいはなんだっけ…。

聞香のように、風で遊ぶ。
窓をあけるだけ、どこにいてもできる遊び。

香あそびともいうなら、
じゃーこれは風あそびと名づけちゃおう。

玄関をあけると、隣の家のお庭が広がっています。

その庭には、土いじりが好きそうな夫婦が、
季節の葉っぱや花、野草を植えているんです。

寒い季節に、さびしげに咲かせた花もあれば、
にぎやかに過ごした葉っぱたちもいる。

なんのへんてつもないお庭だけど、
2人が自然を愛してるのがよく分かる。

季節のめぐりを感じられるような庭造り。
見事です、とってもステキ。

そんな春空の下、
友人が自ら命を絶ちました。

すごく明るくて、さわやかな子だったのに。
どんな思いでいたのかと思うと、胸が苦しくなります。

きっとまだそばにいて、棺のなかの自分やみんなを見てるだろうけど、
棺のなかのあいつは、表情がないように見えた。
こんなにも表情を感じない亡骸ははじめてでした。

その表情に悲しみが止んで、
これでよかったの?
そんな想いが頭から離れなくなった。

泣き崩れる友人たち。
自分の気持ちを昇華しようと、日記に気持ちを綴る人もいる。

命は自分のものだけれど、
その存在は、まわりにとって、ものすごく大きい。
こういう時間には特にそれがよく解る。

その大きさと、
あいつの命の重さが、
悔しさになって、やりきれない気持ちにさせる。
悔しいな…。

大切な仲間も、友人も、恋人も。
家族もみんな、幸せや痛みを分かち合える存在。

ずっと抱えて孤独に逝ったその痛みを、
今、俺たちは分かち合ってる。

つながりってすごいよな。
尊いもんだと思う。

今、それが出来ても、
この世界でお前が笑うことは、もうない。

それがとても哀しいけど、淋しいけど、

どこかでそんな様子を見ていたら、
お前がどんだけ愛されているのかってわかるはず。

その愛を胸に、
新しい命を生きてください。

きっと、笑っていられる。
お前はそういうやつだし。

また会おうねってメールくれたよな。
どんなカタチでもいいから、また会おう。
元気でな。

色んな気持ちをめぐらせながら、
なかなか家路につくことができなくて、

今日ならこの空間にもぬくもりが残っているような気もしたし、
しばらく幡ヶ谷の遊歩道で、ぼぉっとしていました。

明日はこの風になっちゃうんだもんな…。
うすい雲がかかって、あまり星の見えない夜空を見上げなら、
そればっかりが口からこぼれた。

帰り道。

利休草とコバルトブルーのテッセンを買って、
部屋に生けました。

冥福を、そしてみんなの悲しみが、
いい方向へ進むように祈りながら、
自分自身の気持ちも整理しようと思います。

みんなとみんなに繋がるすべての命が
幸せでいられますように。

広告

表情」への1件のフィードバック

  1. ブログ、最近更新無いですね、楽しみにしてます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中