ココロのままに。

.

.

2011年の1枚目は
やっぱり朝陽の光でした。

寝付けない夜に
うっすらと寝ている部屋が浮かび上がってくる。

まだダンボールを積んだままの部屋に
いろんな影が生まれて、表情が変化していく。

そんな流れを布団にもぐったまま眺めていると、
日の光が壁にひとすじの絵を描いた。

自然と、重い身体が跳ねる。
今の自分には信じられない行動力だけど、
そうさせてしまうのが自然の不思議なところ。

昨日寒の入りした東京は寒気の底。
そんな早朝に、半そで1枚。
カメラの入った鞄をあけて、ズシリとした重さを感じる。
この感じも、好きな瞬間です。

カシャン
古い機械の音はやっぱりいい。
ゆっくりと伝わる小さな振動。
それがなんともいえず心地好かった。

しばらくシャッターを切っていなかったし、
そんな気持ちにもならなかったのが嘘のように、
撮りたいイメージが湧いてくる。

ココロのまま、充実した10分ほどの短い時間。

こういう時間がふっと訪れてくれる。
人生は幸福である。

このときの写真は、
今入ってるフィルムを撮り終えてから載せます。
いつになるかは分らないけどそれもまた楽しみの一つかな。

Surperflyさんが歌うThe Water Is Wideを流しながら…。
スコットランドの民謡であるこの曲、
とても素敵な曲なので聴いてみてください。

それではまた。
厳寒の折、益々ご自愛ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中