サプライズ

 
 
 
なんだか気分がハレアカラ。
 
 
 
3月の終わりから小学校からずっと続いている友人の
誕生日プレゼントを作っていました。
 
友達みんなからメッセージを集めてつくる
メッセージアルバム。
 
 
まさしく今は情報化社会なので、
ミクシーを使って、面識のない方々にもご協力を頂いて、
小学校から今の職場にいたるまでの顔ぶれをそろえました。
 
 
僕自身も、中学を卒業した後の話はほとんど聞いたことがなかったので、
色んな方々と接していくなかで、
ほんのりその友人の歩いた道を歩かせてもらったような、
そんな不思議な感覚になりながら、
とっても楽しい企画になりました。
 
 
 

直接渡してあげることはできなかったんだけど、
これはこれで、ひとりでしっとりできる良い時間になったかもしれません。
 
荷物が届いたよ~って電話をもらったんだけど、
電話越しの彼の声がしっとりしているのを感じました。
 
 
サプライズは大成功ですv
 
 
 
 
彼は友達や人との関係をとても大切に考えている人。
だけど意外にも、ものなどには価値をおかないサバサバしたところもあったらしく、
 
 
「こんなに宝物みたいに嬉しいと思ったのは初めてかもしれない。
このアルバムには価値があるなって感じるし、
友達の存在や、つながりを改めて感じる」
 
 
きっと一度はアルバムを抱きしめたんじゃないかっていう、
そういうピュアなリアクションや嬉しい言葉たちでした。
 
 
 
嬉しいのはこっちだよ。
すごい嬉しかった。
 
 
 
僕にとって彼は、唯一無二の存在。
言葉にできない、自分自身でも気付いてないような、
心の奥底の悩みや悲しみに気付ける人。
 
さりげない優しさに、
今まで何度も、救い上げてもらったな。
 
 
持ち前の社交性や明るさ。
自分にはない部分に憧れを抱きながら、
いつしかスペシャルな友達になっていました。
 
 
 
 
 
 
 
ひとは何かを失いながら、
どこかで必ず何かを得てる。
 
 
身体の痛みも心の痛みも休むことはない。
淡々と過ごそうとしていても、
ふいに傷ついた時のことや、辛い時間が頭に浮かぶんだよね。
胸が苦しくなって、その苦しみは身体の痛みに変わる。
 
やりきれなくなって外へ出ることもあるし、
外に出たことで、優しい葉っぱの揺れや、川のせせらぎを聞いて
肩の力が抜けることもある。
 
 
時々ふいにやってくるもどかしさや、孤独感。
今はそれを振り解こうと必死なのかもしれないな。
 
 
 
 
 
生まれ育った大好きな経堂の街。
そこには今も沢山の友達が住んでいます。
 
 
元気だった頃の自分、
元気なみんな。
いろんなことを素直に受けとめる余裕がなくて、
ずっと顔を合わせることも浮かばなかったんだけど、
最近、近所に住んでいたときの友達に会ってきました。
 
 
見た目は大人。
でもやっぱりそいつはそいつのままで、
だけど大人びた部分もあって笑えました。
 
 
そしたら帰り道には涙がでてきました。
友達からもらうエネルギーってこんなにおっきいんだっけ?
 
 
 
 
会いたいと言ってくれている人、
そして僕も会いたい人。
 
 
痛みや辛さを押し殺してでも会う価値がある。
そう思うんです。
 
 
 
統計的な数字。
だけれど、まだまだ未開な部分が多くを占める現実。
 
その可能性にかける気持ちや、
自分で築いていく可能性も、
治るため、治すために、自分を取り戻すことで生まれる。
 
 
自分を取り戻すってことは自分らしさを取り戻すってこと。
 
 
自分らしさ、それはきっと「友達」
 
人生の大半をみんなと過ごしてきたし、
短いなかでもいろんな時間を重ねたことで、
彼らにしか持てない安心感や、信頼がある。
 
 
 
気持ちは前向きになっていても、
痛みと向き合ってるから、歪みながら過ごしているのは否めない。
 
 
だけど友達と一緒にいるときは、
素直に「治りたい」って思えてる。
 
 
今の自分にはそれが光のようにまぶしくて、
あぁ、希望って自分の気持ちから生み出すだけじゃなくて、
周りからだってもらえるんだよなって、妙に沁みてるんだよね。
 
 
経堂の空気も、雑踏も、懐かしい知らない人たちも、
まるごと抱きしめたくなった。
 
 
すげーな友達って。
すごいよ、こころの財産。
 
 
 
 
サプライズ、
そのプレゼントをつくる間に懐かしい友達とも連絡をとったりして、
なんともいえない元気をもらいました。
 
 
スムーズにいかない事もあって、ちょっとばかり疲れたけど、
その友達の喜んだ声を聞いて、
そーいう重みがみーんなどっかに飛んでいった。
 
 
残ったのは、たくさんの友達と交わした時間に
いつの間にかもらっていた元気。
 
 
それこそサプライズでした。
 
 
 
 
 
 
実はね、
ちょっとばかり前に、がくんって落ち込む出来事があったの。
 
そーいうのがこの病気にはかなり打撃になるみたいで、
そこからバイオリズムも一気に狂っちゃって、
どうしようもないけど、ここで崩れることなんてできなくて、
なんとか気丈に踏ん張ろうとしてきました。
 
 
 
だから、そんなときに、
こういう温もりを思い出せたこと。
僕はその親友に感謝しています。
 
 
頑張って友達に会う機会を増やそう、
今はそう思っています。
 
 
 
 
携帯に保存してあるハレアカラの朝陽。
今日もその20分くらいのドキュメントに元気をもらいました。
 
 
アンバランスな体調から抜け出せなくて、
最近は、朝に起きている事が結構多いの。
 
 
だけど、夜明けから朝は、
一日のなかで一番大好きな時間帯。
 
友達から元気をもらったり、
こういう素敵な時間も代わりにもらえてる。
 
 
精神的、身体的には安定していないけど、
プラスな波も起こすことができてる。
 
 
悪くないです。
なんか生きてるって感じるよ。
 
 
 
 
ハレアカラ~!! 
 
今日もみんなにいい風が吹きますように。
いつもみんなの幸せを祈っています。
 
またね~v
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中