日常の中の季節

 
 
泣きたいの?
笑いたい?
悲しみ、辛さ、苦しみ、痛み、イライラと怒り
そして喜びに幸福感、安堵感、余裕。
 
何を感じたいのか分からない。
何を感じているのか分からない。
 
 
久しぶりに空と会話をしてきました。
屋上から水のタンクまでのびるハシゴをのぼり、
冷えた夜の空気と自分の温度が同じであることに安心しました。
 
曇り空の中に、星がひとつだけ。
上野、東京駅、浅草。

周囲に見渡せる高層ビルがかすれてしまうほどどんよりしていたけど

なんだかそれも良かった。
 
空や星を見ながら、なんにも考えないで言葉を流していく。
そう、いつもの独り言。
 
30分くらいかな。
そのちょっとの間に小さな星がもう一つふえた。
 
どんなに落ち込んでも根は前向き。
自分の口からでてくる言葉を聴きながらそんなことを感じた。
 
 
何もしてあげられなかった。
シン、よっしー、 ごめんね。
 
 
5月という季節、とっても気持ちがいいのにね。
4月に芽吹いた草木がこの季節には道をみどりにかえる。
夜明けや少し雨がふったら青々とした気持ちのいい風が吹く。
自分の中に沁みてくるようなしっとりとした軽い空気。
 
たまらないな。
この季節。
 
 
感性が昼寝、そろそろ起きてくれないかな。
健康、もういい加減にしてよ。
心、信じるしかない。
 
いつものように、大空にピース。
 
いろんな気持ちになりましょう。
いろんな色になりましょう。
春はそれができる季節だと僕は思っています。
 
ご自愛ください。
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中